スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリリンと松子と。

今日は友達とマリリンモンロー展と映画『嫌われ松子の一生』を見に行ってきました。

実はほんとのところ、どっちも乗り気じゃなくて
まあいいや、どうでもいいやー、程度の感じで見に行ったんだけど。。
その考えが一気に反転したー!!


マリリン・モンロー綺麗のヒミツ
・・・すごい気になるネーミング(笑)
横浜の高島屋でやってました。
ちなみに友達が無料チケットを持ってましたAちゃんthanx!
この展示では、マリリンの実際に映画で着た衣装やその衣装のデザイン画、
あと写真、ポスターがあったり、
実際のマリリンの愛蔵品と、映画も上映してました。
お客さんは私たち以外のほとんどがマリリンと同じ世代のおじさん、おばさんが多かった^^;
すごく興味深かった。
マリリンモンローって自分からセックスシンボルになったわけじゃなくて、
実際彼女の周りが彼女をそうさせた。
それをマリリンはすごく悲しかったんだけど、
それでも彼女は世間に答えたんだよね。
あんまり私は彼女のことよく知らなかったし、好きでもなかったけど
この展示で彼女を少しでも知ったからかな、
とても魅力的な女性だな、と思いました。内面も、もちろん外面も。
マリリンは映画女優になる前はモデルをやってたんだけど、
その頃の顔が…ブリトニーに似てる!!髪も茶色だし。
女優になってブロンド&赤い口紅の印象強いけど☆
後世でこのスタイルは結構影響受けてるよね~!
マドンナ(この人は自らセックスシンボルになった)、
グウェン・ステファニー、クリスティーナ・アギレラもかな?
マリリンはアメリカの女性を代表する1人だと改めて確信したよ!!

その後、ワールドポーターズまで移動して、
『嫌われ松子の一生』を見ました。

最初、中身のない、ただの娯楽映画かなーなんて思ってたんですが、
なんて考えをしてたんだー!!ってくらい、心に痛烈な印象を与えられたよ。
めちゃめちゃ泣いてしまいました。
ただの娯楽映画だなんて、訂正訂正!!

これは是非見てもらいたい。
松子の一生を通して、
理想と現実
愛すること、愛されること
生きること、死ぬこと
いろいろ考えさせられた。

松子ほど、愛されなかった人はいない。
そして、
松子ほど、多くの人に愛された人はいない。
どんなに挫けても、這い上がってくる。
良いも悪いも、子どもがそのまま大きくなったみたいな純粋な人。
すっごい落ち込むストーリーなんだけど
演出がいいんだな、すごい軽快で、笑いもあるし、とってもキュート☆

この映画でより中谷美紀が好きになったし、
伊勢谷雄介カッコイー(*´∀`*)って思った。

松子、是非見るべし!!
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://tkedmani.blog56.fc2.com/tb.php/76-f33d9562

Comment

Comment Form
公開設定

検索フォーム
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

夏みかん

Author:夏みかん


7月30日生まれ
神奈川在住
社会人6年目
好き:洋楽、ディズニー、美術館、嵐
メモ帳
メール

blogram投票ボタン
↑自分のブログを成分解析して、見どころを教えてくれる、面白いランキングサイト☆

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。